MISSION

デジタル新時代の
機会と感動を生み出す

 令和では、国・地域行政のIT化やDXの推進が加速することは一目瞭然です。電子契約やクラウド管理といった業務効率化ツールが多くの企業に導入され、デジタルマーケティングを主軸としたECやD2C(Direct to Customer)といったWeb完結型のサービスも多く台頭し、企業のみならず個人としてのリテラシーも非常に高くなっています。以前は、デジタル化の主流は首都や衛星都市を中心とした所謂、「ネットリテラシーの高い人材」「デジタル化専門の部門」を保有する一握りの企業が取り組んでいた印象です。

 しかしながら、消費者のWebリテラシーが高まり、国としても企業のデジタル化を推進する令和時代では「全ての企業」がデジタル化をせざるを得ない環境になりました。このような背景の中、ITベンダー企業は企業のニーズに応えるべく様々なマーケティング支援サービスや、独自技術を用いたツールが提供されています。

 一方、我々は日本企業全体でデジタル化が進むには大きな壁があると考えています。それは圧倒的な「デジタル人材不足」が要因です。様々なデジタルサービスやツールが世の中に溢れてきても「十分に熟知・理解し、社内全体をディレクションできる人材」を抱えている一部の企業のみがデジタル化加速の恩恵を受けられると感じております。いくらAIや自動化といっても、最初に自社様にカスタイマイズをした設計をしたり、仕組みを考えるにはまだまだ「デジタル人材」が生身で必要です。

 そのような「デジタル人材不足」という企業の障壁を解決すべく、弊社はあえてリアルタイムかつ、講師をアサインする形で「デジタルマーケティングの教育事業」をスタートしました。長期的な展望としても、企業がデジタル化を推進する際にSenriがデジタル化へのインフラとして相談窓口となり、「人材不足」の問題から、具体的な施策提示まで一括した伴走パートナーを目指していきます。